投資

投資をやるなら絶対に知っておきたい重要な知識

投稿日:2018年5月28日 更新日:

Pocket

美しい海

投資をやるなら絶対に知っておくべき知識

こんにちは、タクヤです。

は、株やFXなどの投資でリッチ
になったり、

継続的に勝ち続けたい人なら絶対に
知っておくべき知識があります。

それは何かというと、RR比率という
ものです。

RR比率というのは何なのか?

RR比率は、リスクリワード比率とい
って、

自分がとったリスクに対してどのくら
いのリターン(見返り)があるのかを
表した比率のことですね。

なぜ、投資で勝ち続けたい人ならRR
比率を知っておくべきなのか?

それは、RR比率を知っているか知ら
ないかによってこれからの投資成績が
180度変わるからです。

例えば、自分が1のリスクを取って、
10の見返りがある場合ならリスクリ
ワード比率が良いという表現をします。

なぜなら、1のリスクを取って10の
見返りが期待できるのなら、

自分がとったリスクより10倍のリタ
ーンがあるので、間違いなく得をする
からですね。

シンプルな話、1のリスクを取って
10の見返りが期待できるということ
は、

宝くじで9回連続ではずれを引いても、
残り1回で当たりくじを引けば全て元
がとれるというイメージです。

RR比率は投資をやるときにかなり役立つ

そして、このリスクリワード比率とい
のは、株やFXなどの投資でも有効活
用することができます。

例えば、株で毎回の損切り額を、
2000円におさえて利益額を
10000円にできたとしましょう。

この場合、

損切り額が2000円(リスク)で、
利益期待額が10000円(見返り)
なので、

リスクリワード比率は以下のようにな
ります。

1:5
(左の1が2000円、
右の5が10000円です)

つまり、2000円の損切りを連続4回
したとしても、5回目のトレードで利益
がでれば1万円をゲットできるので、

利益額1万円ー損切り合計額8000円
でトータル2000円の利益が出るとい
うことですね。

そして、投資で安定的に勝ち続けてい
くためにこのくらいのリスクリワード
比率があれば理想的だぜ!

という比率があるので公開したいと思い
ます。

その比率は、1:3です。

つまり、1のリスクをとって3のリタ
ーンが見込める戦略で投資をするとい
うことです。

投資でイメージしやすいようにお金換
算すると、損切りが毎回1000円に
抑えられたとしたら、

1回当たりの利益が3000円をゲッ
トできる投資戦略をたてられればベス
トだということです。

なぜ、勝率が低くても資金がみるみる増えるのか?

正直に言って、上記の1:3のリスクリ
ワード比率を維持できれば、

勝率30%程度でも十分に資金を増やし
ていくことができます。

なぜなら、

・1回目に1000円の損切り。

・2回目に1000円の損切り。

・3回目に3000円の利益が出た。

ということになれば、
利益額3000円ー損切り合計額20
00円なので、1000円の利益が出
るからです。

ちなみに、上記の場合なら3回勝負した
うち、利益がでたのが1回なので勝率が
33.3%ということになりますね。

そして、ここだけの話、1000円の損
切りを5回連続でやって5000円のマ
イナスがでたとしても、

たった2回3000円の利益が出るだ
けで6000円(3000円×2回)を
ゲットできるというパターンもあります。

上記の場合なら、利益6000円ー損失
合計5000円なので1000円の利益
が出たということです。

投資で資金を増やすための不変の真理

そして、ここまで文章を書いてきて
結局、何が言いたいのかというと、

・自分がとっているリスクを極限まで
小さくして、

・最大限のリターンを取りにいく

ことが投資でかなり大切なことだと認識
してくださいということです。

大事なことなのでもう一度言います。

「自分がとっているリスクを極限まで
小さくして最大限のリターンを目指し
ましょう!」

上記の言葉の意味はどういうことかと
いうと、名前のとおり、

「損切りの額を小さくして利益の額を
大きくする」

というのが、投資の世界で勝ち続ける
ための不変の真理だということです。

これは、よく言われる損小利大ですね。

例えば、損切りを毎回1000円にお
さえて利益を3000円という1:3
のリスクリワードをキープできれば、

勝率30%あれば安定して資金が増え
るんですよ。

ですが、損切りがいつも1万円で利益
がいつも1000円の状態だと、勝率
が90%でも資金が増えません。

なぜなら、9回連続で1000円の利
益、つまりトータル9000円の利益
が出たとしても、

10回目の投資で10000円の損切
りを1度しただけで、今までの利益が
全て水の泡になるからです。

つまり、何が言いたいのかというと、
ただ勝率を増やしていけば投資で勝
てるわけではないということです。

投資で勝つために必須なことは、勝率
を上げながら、

同時並行でリスクリワード比率もしっ
かり考えながら投資をしていくという
ことです。

なので、ひたすら勝率を上げるという
のもありですが、

勝率を上げる努力をする+リスクリワ
ードも考えて投資戦略を立てることで、

より大きなリターンが期待できるので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

・投資の世界では勝率を上げることだ
けを考えるのではなく、

リスクリワード比率も考えることでよ
り大きな利益を期待できるようになる。

・投資で資金を増やすための不変の
真理は、

損失を極限までおさえて、利益を大きく
する努力をひたすら積み重ねる

ということでした。

それでは、今日はこの辺で。

 

関連記事はこちらから

投資はリスクもあるが超絶に儲かります!!!

株で勝率を高めたければ売買シナリオを立てるべし!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※追伸

僕は現在、ビジネスと投資の世界に足
を踏み入れたおかげで、涙がポロポロ
こばれ落ちるほど、

エキサイティングな人生を送っており
ます。ww

日々、勉強→実践をしてビジネスと投
資のスキルがレベルアップしていく感
覚が、たまらんのです。

こんな感じで、今でこそ充実した人生
を送れている僕ですが、僕はもともと、

中学、高校、大学と10年近く、

・ぼっちで友だちいない歴10年以上。

・コミュ障で教室の隅に追いやられる。

・陰キャだったので高校のクラスメイ
トから、ゴミを見るような目で見られ
る。

・女と会話するととにかくキョどる。

・大学の単位を落としまくってパニッ
クになる。

・唯一の楽しみはパズドラをやること。

こんな感じでクソみたいな人生を送っ
てました。w

そんな僕でも、ビジネスと投資の世界
に足を踏み入れた結果、あっさりと人
生逆転できました。

僕のようなクソみたいな人生を送って
きた人間だって、人生逆転できるんだ
から、

どんな人だってしっかりと努力してい
けば人生逆転できると確信しています。

いったい僕はどのようにして、クソみ
たいな人生からリア充な人生に進化す
ることができたのか?

その過程を知りたい人は以下の記事か
らどうぞ。

僕タクヤが人生逆転できたシンプルな秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タクヤの無料メルマガはこちら

 

Pocket

-投資

執筆者:

関連記事

実業家イラスト

財務諸表は嘘をつくが、株価チャートは嘘をつかない

目次1 なぜ、財務諸表を見ても株で稼げないのか?2 空気を吸うように財務諸表はウソをつく・・・3 株価チャートは真実を物語る。その確率100%!4 株で1億円稼ぎたければチャートを見ろ!!5 ※追伸 …

ビーチの夕日

長期投資はリッチな人しか儲からない真実

こんにちは、タクヤです。 あなたは、長期投資でリッチになり たいなーと思ったことはありません か? おそらく、どんな人でも一度くらい は長期投資でスーパーお金持ちにな れたらいいなー! という夢を持っ …

宝箱と金貨

トレードは負けた取り引きにお宝が隠されている!

目次1 負けたトレード記録は金銀財宝、宝の山だ!2 プロトレーダーになるには、失敗→反省→改善だ!3 「損失が出た原因は何だろう?」←この思考が大事!4 ※追伸 負けたトレード記録は金銀財宝、宝の山だ …

株価上昇

ローソク足の見方をシンプルに解説

目次1 まずローソク足とは何かをシンプルに解説2 具体的なローソク足の見方はこれだ!3 まとめ4 ※追伸 まずローソク足とは何かをシンプルに解説 こんにちは、タクヤです。 今日は、投資スキルを磨いてい …

常勝トレーダーになる極意

常勝トレーダーになりたければ「これは想定外だった」という言葉を封印しろ!

目次1 トレードの世界で想定外=手持ち資金が激減。泣2 「これは想定外だった」はとにかく禁句!3 株価チャートを見て投資スキルを磨こう!4 イチローと常勝トレーダーは通ずるところがある!5 まとめ6 …

タクヤ

めまして!このブログを運営して
いるタクヤです。

このたびは当ブログをご覧いただき、
ありがとうございます。

「っていうか、お前誰だよww」と
思われるかもしれないので軽く自己
紹介しておきましょう。

・名前 タクヤ

・年齢 20代

・性別 男

・仕事 ブロガー、トレーダー

・趣味

1、ブログを書くこと

2、株やFXの勉強をすること

3、筋トレ

4、読書

5、瞑想

詳しいプロフィールはこちら