ネットビジネス

ブログでファンを増やしたければ神話の法則を使って文章を書け!

投稿日:2019年1月10日 更新日:

Pocket

巫女

「ブログでファンを増やしたい!」と思うよね。w

こんにちは、タクヤです。

日は、ブログでファンを増やした
ければ神話の法則を使って文章を書
け!

というテーマでやっていきます。

ブログをやっている人なら誰もが思
うこと。

それは、

「俺のブログのファンを作りたい!」

という願望です。

もちろん、僕自身もブログのファン
を増やして、たくさんの人にブログ
を読んでもらいたい!

という気持ちでブログを書いてます。笑

何せ、僕のブログを読んでいる人が
1人よりも10人、10人よりも1
00人のほうが、

ブログを書くモチベーションが爆増
しますからね。

ここだけの話、神話の法則は最強すぎるw

で、ここから今日の本題に入ります
が、ブログでファンを増やしたけれ
ば、

「神話の法則を使って文章を書くの
が最強である!」

ということです。

なぜなら、神話の法則を使って文章
を書くことで、

簡単に人が感動する文章を書けるよ
うになるからです。

そもそも、神話の法則とは何なのか?

神話の法則というのは、ハリウッド映
画や人気ドラマにも使われているほど、

効果抜群のストーリーの作り方です。

例えば、

・ワンピース

・ドラゴンボール

・ハリーポッター

なども、神話の法則をバリバリ使って
るからこそ、ヒット作品となっている
わけです。

だからこそ、

ブログを書くときにも神話の法則を使
えば、みるみるファンを増やしていく
ことができるのです。

そりゃ、大人気アニメやハリウッド映
画に使われている技術をブログで使っ
て、

効果が出ないわけがないでしょ。笑

ということですね。

旧世界→出会い→新世界の流れで文章を書け!

ちなみに、神話の法則というのは、
以下の構成でできています。

1.旧世界

2.出会い

3.新世界

超シンプルにまとめると上記のよう
な3ステップを経るだけで、

神話の法則が完成しちゃいます!

めっちゃ簡単でしょ。笑

この神話の法則に沿って文章を書く
だけで、人がまったく反応しない文
章から、

感動して涙をポロポロこぼすほどの
文章に変貌するわけです。

ダイエットブログを書きたいなら・・・

例えば、ダイエットをして痩せたい
人向けのブログ記事を書くなら、

1.旧世界(デブであることがコン
プレックスな30代男性)

「超おデブ体系の30代男は太りすぎ
ていたために、女から全くモテずに孤
独な人生を送っていました・・・」

2.出会い(ライザップというトレー
ニングジムとの出会い)

「そんな男はある日、ライザップとい
うトレーニングジムに出会い、ダイエ
ットを開始しました。」

3.新世界(ダイエットに成功してス
リムになって女からモテモテになった
自分)

「ライザップで本気で努力した男は見
事ダイエットに成功して、女からモテ
モテな人生になりましたとさ」

・・・・・

上記の3ステップが神話の法則ですね。

どうでしょうか?

上記のダイエット話がただ単に、

「30代の男がダイエットに成功しま
した!」

と書いただけでは読み手は感動しない
のです。

ダイエットを成功させる前の自分は、
女からキモい、臭いと言われつらい
思いをしてきました。

それが、ライザップと出会えたおか
げで、ダイエットに成功し女からモ
テモテになりました。

このように、

1.クソみたいな生活(旧世界)

2.人生を変える出会い(出会い)

3.ハッピーエンド(新世界)

というプロセスを経るからこそ、人
々は涙を流して感動するのです。

貧乏な人がお金持ちになるから感動を呼ぶ!

例えば、

「私の家はもともとお金持ちでした。
だから今お金に困らない生活をして
います!」

これだと人々は「ふーん、だからど
うした?」で終わってしまうのです。

逆に、

「私はもともと夕食がバナナ1本し
か食べられないような、極貧生活を
していてマジでつらかったです」

「ですが、努力しまくったおかげで
ビジネスで成功して自由な人生を手
にいれました!」

こちらの文章のほうが、より多くの
人の心を震わします。

なぜなら、神話の法則に沿った文章
の流れになっているからです。

1.もともとド貧乏だった(旧世界)

2.ビジネスとの出会い(出会い)

3.お金に困らない自由な人生(新世界)

という流れを経ているからこそ、読
み手は感動するのです。

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」だ
って、千尋の両親がブタにされてし
まったからこそ、

ハッピーエンドに重みが増すわけで
すよ。笑

まとめ

まあ、これ以上深堀りするとキリが
ないのでこの辺にしておきますが、

とにかく、神話の法則を使えばブロ
グのファンをどんどん増やせます。

「○○さん(あなたの名前)のブロ
グ、マジで面白いっす!」

と言ってくれるファンがみるみる増
えていきます。

なので、騙されたと思ってあなたの
ブログにも神話の法則を使ってみて
ください。

ブログ記事に使うのはもちろん、プ
ロフィール記事に使ってもいいです
し、

ユーチューブをやっている人なら、
神話の法則に沿ってプレゼンしてみ

というのもいいですね!

そう、神話の法則というのはブログ
に限らず、どんなことにだって活用
できるんですよね。

・初対面の人との自己紹介に神話の
法則を使う。

・自社のホームページを魅力的に見
せるために、神話の法則を使う。

・自分の人生そのものを神話の法則
に置き換えて楽しんでみる。

といったように、何にでも使えちゃ
います。w

というわけで、神話の法則はブログ
のファンを作るのに効果抜群なので、

ぜひ、使ってみてくださいね!

それでは、今日はこの辺で。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※追伸

僕は現在、ビジネスと投資の世界に足
を踏み入れたおかげで、涙がポロポロ
こばれ落ちるほど、

エキサイティングな人生を送っており
ます。ww

日々、勉強→実践をしてビジネスと投
資のスキルがレベルアップしていく感
覚が、たまらんのです。

こんな感じで、今でこそ充実した人生
を送れている僕ですが、僕はもともと、

中学、高校、大学と10年近く、

・ぼっちで友だちいない歴10年以上。

・コミュ障で教室の隅に追いやられる。

・陰キャだったので高校のクラスメイ
トから、ゴミを見るような目で見られ
る。

・女と会話するととにかくキョどる。

・大学の単位を落としまくってパニッ
クになる。

・唯一の楽しみはパズドラをやること。

こんな感じでクソみたいな人生を送っ
てました。w

そんな僕でも、ビジネスと投資の世界
に足を踏み入れた結果、あっさりと人
生逆転できました。

僕のようなクソみたいな人生を送って
きた人間だって、人生逆転できるんだ
から、

どんな人だってしっかりと努力してい
けば人生逆転できると確信しています。

いったい僕はどのようにして、クソみ
たいな人生からリア充な人生に進化す
ることができたのか?

その過程を知りたい人は以下の記事か
らどうぞ。

僕タクヤが人生逆転できたシンプルな秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タクヤの無料メルマガはこちら

 

Pocket

-ネットビジネス

執筆者:

関連記事

都市

ネットビジネスは後発組でも稼げる!そもそも、先発も後発も関係ないw

目次1 ネットビジネスは後発組は稼げない←これ嘘です!2 自分のファンに喜んでもらうことだけ考えろ!3 価値提供できない先行者は淘汰される・・・4 本質に沿ったことだけをするのが超大事!!5 ※追伸 …

自分との戦い

ネットビジネスはライバルとの戦いではない。自分との戦いだ!!

目次1 ネットビジネスはライバルとの戦いと言われるが・・2 ネットビジネスは怠惰な自分との戦いだ!!3 とにかく、自分にストイックになるんだ!!4 ※追伸 ネットビジネスはライバルとの戦いと言われるが …

パソコンを見る男性

ユーチューブの再生リストを作ったらマジでインプット作業がはかどる件

目次1 ユーチューブの再生リスト、マジで最高だぜ・・・2 特定ジャンルでサクッと専門家になれるのが神!3 情報発信者の「ネタがない!!」問題を即解決!笑4 まとめ5 ※追伸 ユーチューブの再生リスト、 …

スマホ

情報発信に実績は必要なのか?いいえ、超どうでもいいです。

目次1 情報発信に実績が必要だ!←これ勘違い2 とりあえず、情報発信の本質を知ろう3 月収100万円!!だけが実績じゃない4 まとめ5 ※追伸 情報発信に実績が必要だ!←これ勘違い こんにちは、タクヤ …

ネットワークイメージ

どうせブログをやるならインフルエンサーを目指そう!

目次1 インフルエンザではなくインフルエンサーになろう!2 ユーチューバーのヒカキンさん、まじでスゲーよ!3 残念ながら、現時点での僕のブログはカスですww4 インフルエンサーになれば一生食うに困らな …

タクヤ

めまして!このブログを運営して
いるタクヤです。

このたびは当ブログをご覧いただき、
ありがとうございます。

「っていうか、お前誰だよww」と
思われるかもしれないので軽く自己
紹介しておきましょう。

・名前 タクヤ

・年齢 20代

・性別 男

・仕事 ブロガー、トレーダー

・趣味

1、ブログを書くこと

2、株やFXの勉強をすること

3、筋トレ

4、読書

5、瞑想

詳しいプロフィールはこちら